FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そもそも国保料が高すぎることが問題                     国保課長へ制度改善を要請                            要治療の人へは無条件に国保証を発行すると国保課長が明言!

未分類
08 /19 2013
国保課交渉写真
 右京民商も加盟する2013年右京区くらしのなんでも相談会実行委員会は、7/25に右京区役所にて国保課長と14名で懇談を行い、窓口対応や国保制度の改善を申し入れました。
 国保料が高すぎて、払いたくても払えず、滞納している人が増大しています。中には、滞納のため、国保証が交付されず、病気になっても病院に行けない人も少なくない状況です。懇談会に参加した診療所の事務長さんも、こういった状況で、病院に担ぎ込まれた時には、すでに手遅れという悲惨な事例が起こっていることを報告していました。
 私たちは、滞納により、国保証の未交付があったり、資格書が発行されている人であっても、治療を要する場合は、無条件に交付するよう求めてきました。国保課長は、「そのような場合、国保証を交付するよう機敏に対応している」と明言しました。
 国保でお困りの際は、ぜひ民商へご連絡ください。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

 右京民主商工会

右京民商は、中小業者の相談センターです。

税金(申告・税務調査対策・記帳)・金融・起業・独立・経営・労働保険・暮らしなど多彩な取り組みをしています。

京都市右京区にお住まいの自営業者の強い味方。

〒615-0007
京都市右京区西院上花田町36-3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。